×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


屈伸時にひざの痛みを感じたら

屈伸時にひざの痛みが生じる原因は色々

屈伸時、ひざに痛みが生じる原因は様々あります。例えば、ひざの靭帯(じんたい)の損傷、関節の構成物質の不足・使い過ぎ・肥満などによる軟骨の磨り減り、半月板の損傷、痛風、リウマチ、その他にも実に多くの原因が考えられます。

それらの中でも、非常に多くの人に見られるのは、軟骨の磨り減りを原因としたものです。

そこで、ここでは軟骨の磨り減りを原因とした、屈伸時のひざの痛みについて解説します。

軟骨の磨り減りから始まるひざの病気のことを変形性膝関節症と言います。この病気は、中高齢者や、スポーツ選手、ひざを酷使する仕事をされている方、肥満の方などに多く見られる病気です。

中高齢者の場合、変形性膝関節症の原因は加齢によるひざ関節構成物質の減少が主な原因です。ひざ関節構成物質の減少により、若い時には何でもなかったひざ関節への負荷にも耐えられなくなり、ひざ軟骨が磨り減りを起こしてしまう訳です。

スポーツ選手やひざを酷使する仕事をされていらっしゃる方の場合は、ひざ関節の使い過ぎが原因です。ひざ関節の使い過ぎにより、ひざ関節が負荷に耐え切れなくなり、ひざ軟骨の磨り減りを起こしてしまう訳です。

肥満の方は自身の体重で常にひざへ大きな負荷をかけており、その自身の体重の負荷に耐え切れずひざ軟骨が磨り減りを起こしてしまう訳です。

何れの場合にせよ、ひざ関節への負荷をかけないようにすることが大切です。ひざに負荷をかけないようにするにはひざサポーターの着用が非常に効果的です。


世界中の医療現場で使用されているひざサポーター

屈伸時のひざの痛みの根本原因を解決するには

屈伸のひざの痛みを確認

ひざ関節構成物質の回復

ひざ軟骨の磨り減りが原因で、屈伸時、ひざに痛みが表れるのですから、痛みが出ないようにするにはひざ軟骨が磨り減らないようにすることが大切です。


ひざ軟骨が磨り減りを起こさないようにするためには、自然治癒力を高めてひざ関節構成物質を回復することが大切です。

ひざ関節構成物質にはコラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどがあります。それぞれの関節での役割について少し見てみましょう。

コラーゲンは非常に弾力性のある物質で、関節に掛かる衝撃を吸収しクッションの役割を果たします。軟骨の50%はコラーゲンにより構成されています。

ヒアルロン酸は、1グラムで6リットルもの水分を保持できる成分で、関節の動きをスムーズにする潤滑油の働きをします。

コンドロイチンは、ギリシャ語で「軟骨」という意味を持つ言葉で、軟骨の30%を占める物質です。コンドロイチンは、関節軟骨への栄養の運搬、新しい軟骨の生成補助、軟骨を分解する酵素の働きの抑制などがあります。


手軽にひざ関節構成物質を補うなら こちらキューサイ ヒアルロン酸コラーゲン30包入

屈伸時のひざの痛みでは済まない変形性膝関節症

屈伸のひざの痛みが治った高齢者

なぜ?

変形性膝関節症は急激に悪化することはありませんが、時間をかけて徐々に進行し、次第に症状が重くなって行く病気だからです。

初期段階では、朝起きた時や動作初めにひざがこわばる、正座すると痛い、階段の昇降時に痛む、立ち上がる座るなどの膝の屈伸時に痛むなどの症状が表れます。

進行期には、関節のこわばりが強くなり可動域が狭まる、ひざに腫れや熱感がある、ひざに水が溜まる、O脚になるなどの症状が表れます。

末期では、痛くて歩けない、関節が硬くなり曲げられないなどの症状が表れます。


関節構成物質、不足していませんか?

屈伸時のひざの痛みを軽減するために

ひざを温める

ひざの痛みは、ひざが冷えることで強くなりますので冷やさないことが大切です。また、ひざを温めることで血行が促進され、筋肉や関節が動きやすくなり、痛みも和らぎます。


筋力を鍛える

ひざに痛みが表れた際、足の筋肉を全く使わなくなってしまうのは問題です。足の筋力、特に大腿四頭筋の筋力の低下はひざ関節への負荷を増大させる要因になります。つまり、変形性膝関節症の症状をより悪化させてしまうことになります。

ひざが悪いからと言って運動を一切やらない、あるいは止めてしまうのは間違いです。水中運動などひざに負担のかからない方法で大腿四頭筋やハムストリングス等の筋力を鍛える必要があります。

膝の屈伸で痛みが生じる場合、それは変形性膝関節症の可能性があります。変形性膝関節症とは、膝の関節軟骨に変性や磨り減りを起こし、骨膜に炎症が発生して痛みを生じる病気です。

初期段階は膝に大きな負担をかけなければ痛みは出ないのですが、症状が進行するにつれてちょっとのことで痛みが生じるようになり、最終的には安静状態にあっても常に膝に痛みを覚えるようになります。

変形性膝関節症の原因は膝関節への負荷のかけすぎや、ヒアルロン酸・コラーゲン・コンドロイチンなどの膝関節構成物質の減少が挙げられます。

痛みを解消するには、これら膝関節構成物質を摂取したり、膝への負荷を軽減したりすることが大切です。

Copyright © 膝の屈伸の痛みを解消する All rights reserved